NISTに関する情報サイト

初心者でもわかる!NISTとは一体何かとその重要性についてご紹介します

初心者でもわかる!NISTとは一体何かとその重要性についてご紹介します 米国国立標準技術研究所は米国内のルールを敷いていますが、例えば国外の民間企業であっても、基準に達していなければ撤退されられる可能性があるのです。
では通称NISTがどのような基準を設けているかということをご紹介していきます。
NISTが作成した基準として「NIST SP800-171」というものがあり、日本企業がどのような影響を受けるのかというと、たとえばアメリカに設立した日本企業がその規定に達していなければ撤去させられる可能性があるということを示唆しています。
日本はセキュリティ分野においては未だ後進国であり、脆弱なシステムはプロのハッカーによる攻撃ではなく、いち個人から情報が流出するという事件が多数起きています。
今後はもっとセキュリティ対策に力を入れて世界を追いかける必要があるでしょう。

サイバー攻撃に備えるために守りたいNISTのガイドライン

サイバー攻撃に備えるために守りたいNISTのガイドライン デジタル化を進めることにより、アナログ時代から企業の業務は効率化が進みました。
しかしデジタル化には効率化を進めるメリットだけではなく、サイバー攻撃を受けるデメリットがあります。
自社には関係ないと思われがちなサイバー攻撃ですが、ネットワークを活用しデジタル化を進める以上セキュリティリスクは必ずあるので、しっかりと対策を考え対応していかなければいけません。
企業におけるセキュリティ対策は、国が主導しフレームワークやポリシーを作成しています。
日本でも経済産業省とIPAがガイドラインを作成し公開しており、セキュリティ対策を考えるときに役立つでしょう。
アメリカでのガイドラインは、アメリカ国立標準技術研究所であるNISTが作成しています。
NISTのガイドラインはアメリカ国内で有効な基準なため、日本企業には適用されないと思うかもしれません。
しかしNISTのガイドラインを守れていないと、アメリカでのビジネスから除外される恐れがあります。
グローバルにビジネスを展開するためには、相手国が定めている基準やルールを守るのは当然のことなので、サイバー攻撃に備えるためにもNISTのガイドラインも守るようにしましょう。

アメリカ国立標準技術研究所NISTについて

現代社会は、先端科学技術によって支えられています。様々な場面で、精密な制御が必要となってきました。そのような高度な制御を行うためには、様々な事について高い精度で計測を行う必要が出てきます。
そのようなことで、世界各国において測定技術やその起源に関する研究を行っているところがあります。
これらの研究所が、その国の計量に関する大本を担うことになります。様々な物理基準は世界的に決められていますが、各国の現場で実際に用いられる基本はこの世界基準に基づいて各国ごとに定められます。
すなわち、取引などで使われる計測の大本はその国で定められた機器を用いて構成することとなっています。 アメリカにおけるこのような研究の大元となるのが、アメリカ国立標準技術研究所NISTです。
NISTは、米国国内の様々な計測の計測機器の標準を定める研究所です。また、計測に関わる様々な研究も行なってきました。
NISTの研究成果は、ITやその他の先端産業から商取引にいたるまでの幅広い分野で活用されています。

NISTは日本でどのように扱われているのか

NISTというかなり精度が高い出生前検診ができるようになり、障がいが最初からある程度分かるような検査が可能となりました。現在日本では任意ですが、NISTを30万程度の値段で指定の医療機関で受けることができるのです。
考え方は様々ですが、命の選別というニュアンスだけでなくあらかじめ心の準備をするためにという意味で受ける人が増えているのも事実です。
あらかじめ知っておくことにより、医師も出産の時の対処ができますし、両親も受け入れる心の準備をすることが可能です。
そういった意図でも、NISTはさらに広めることで救われる人も増えるのは事実ではないでしょうか。日本でも専用機関だけでなく、医院などの小規模なところでも検査できるようになるといいます。
選択は親によって決められるため、色々な人もいるとは思いますが、決して後ろ向きではなく前向きに考えても、今から必要となってくる検査だといえるのです。興味がある人は、是非利用してみて下さい。

NISTによる影響力はどのようなものがあるのか

NISTという出生前検査が現在、かなり精度が高く検査をすることが可能です。遺伝に先天的な異常がある子に対してはほぼ100パーセントに近い的中率で当てることができるために、NISTの影響力で中絶をする人の人数も増えたという報告もあります。
確かにそういった一面が出てくるところは否めませんが、技術を前向きに使用して命を守る選択をした両親もいっぱいいます。生まれてくることが分かると、ある程度の心構えと下準備ができるのです。
医師も出産のときにトラブルが起きやすいので対処ができますし、両親も心の準備をして迎えることができます。またそれ以外の選択をした人も、悩んだ末での結論であるならば一つの道として私たちが非難する資格もないのではないでしょうか。
一つの権利として、こういった検査もあることをもっと知らせた方が良い面もあります。確かに影響力は絶大ですし、受けようとする人に中絶を意識する人もいるでしょう。しかし、助かる人もいるはずです。

NISTを取り行う背景にはいろいろな事情がある

NISTという新生児の出生前検査が近年受ける人が増えてきています。NISTは、ダウン症を発見する精度はほぼ100パーセントに近い性能を誇るために、受ける人数が増えると同時に中絶する方も増えたという背景があります。
ダウン症児はイメージしているよりも、育てやすくてその子の個性があるので、一概に心配せずとも杞憂に終わることもほとんどあるのです。
しかし実情としては、やはり出生前に分かった場合は、中絶する人がほとんどである現実があるのです。
命の選別を生まれる前からしていいかの議論は永遠に正解のない議題ですが、一つの手段として色々な人に認知する必要はこれからあるのではないでしょうか。一概にすべてが異常が見られたから堕胎する人ばかりではありません。分かったうえで産むことを決めた方もいます。
そういった人は、気持ちの整理をつけたといい、先生の方も起こりやすいトラブルを想定したうえで対処できたとも話しているのです。

NISTのリスクマネージメントシステムによる脅威発生可能性推定

米国国立標準技術研究所NISTは、様々な計測技術の基準に関係研究を行い米国における標準を定めているところです。そのことから、情報セキュリティに関わる様々な研究結果からそのマネジメントシステムに関する提言を行ってきています。
このシステムの概要は以下のとおりです。まず発生し得る脅威の源を特定しそのことにより発生する事項の想定を行い、それから影響を受ける脆弱性などを明らかにします。
これらの結果として、実際にどのような脅威が発生するかということの可能性を明らかにするとともに、その影響の大きさについても推定を行います。
このようなことから想定される脅威からのリスクを判断することを行いますが、このNISTによるリスクマネジメントシステムを具現化することで、インターネットにおいて発生する様々なリスクに対処できるような体制を整えることを目標とします。
セキュリティが懸念されているインターネットに関連する技術について、基本的な標準を与えるものとして考えられています。

NISTの最新情報をもっと

NIST